Mira&Luna's nursery lab

旅乙女と発明娘の子供部屋

高取鉱山・錫高野でトレジャーハント 水晶やトパーズを拾いにハイキング

f:id:miraluna:20190511195023j:plain:w100 Luna

水晶やトパーズや蛍石を探しに行こう 🎒 💎


高取鉱山・錫高野(すずごや)へトレジャーハンティング(鉱石採集)とハイキングに行ってきました。
採集地までの行き方と採集鉱石の紹介>その2

<その2「採集鉱石の紹介」目次>

  「その1(前回) 採集地までの行き方
  「その3(次回) トレジャーハント ピクニック

f:id:miraluna:20190923085351j:plain

私たちが歩いたルート

f:id:miraluna:20190923085331j:plain

宝石拾いのハイキング

私ルナとミラとカタリ(保護者)は鉱石を拾いに茨城県城里町にある高取鉱山跡地と錫高野の林道へとやってきました。
車を仏国寺さんの駐車場に停めて、いざトレジャーハンティングのハイキングに出発です。
     高取鉱山・錫高野林道への行き方はこちらの記事↓をご覧ください。
miraluna.hatenablog.com

☆ 仏国寺さんの駐車場
f:id:miraluna:20190923112608j:plain
☆ 参詣道
f:id:miraluna:20190923112550j:plain
まずは目の前にある仏国寺へお参りします。
参詣道は急な石段。登るのは大変だけれど趣があって素敵です。

☆ 奥の院入口
f:id:miraluna:20190923112051j:plain
参拝を終えて林道を進むと折り返しの所に道しるべがあります。この先には奥の院と洞窟があるということが書かれていました。ここが山道への入口です。

☆ 奥の院の洞窟
f:id:miraluna:20190923112105j:plain
山の中にいくつもの石塔や仏像が現れました。どこか幽玄な雰囲気です。背後には巨大な岩があって、そこに洞窟の入口が口を開いています。きっと偉いお坊さんがここで修業をしたのでしょう。
☆ 岩山の祠 
f:id:miraluna:20190923112119j:plain

奥の院を抜けると沢沿いに登りの道になり、道は林へと入っていきます。
☆ 山道を抜ける
    f:id:miraluna:20190923112537j:plain:w300

しばらく行くと道は広くなり、少し明るくなりました。そこでカタリが細い別れ道を発見。どうやら高取山の山頂へと続く道のようです。私とミラも少し進んでみたのですが、この日は台風一過で蜘蛛たちがはりきって巣を張っていました。大きな蜘蛛の巣があっちにもこっちにも。私とミラは諦めて、カタリが山頂まで行ってくるのを待つことにしました。
待っていた場所の近くには辺りを見渡すことができる開けた場所があって、そこからの眺めが素敵でした。それから道端の石を手に取って見たり、ミラと葉っぱで遊んだりしました。カタリが帰ってきたのはたぶん30分くらいしてから。汗だくで戻ってきたから、たぶん急いでくれたんだと思う。
☆ 高取山山頂
f:id:miraluna:20190923112524j:plain
☆ 開けた場所
f:id:miraluna:20190923112210j:plain

☆ 明るい林道
f:id:miraluna:20190923112223j:plain
晴れた空、木々に囲まれた林道。お昼ご飯をもって、みんなで歩くのはとっても楽しい。しかもそこら中に石英マンガン重石なんかの興味深い石がたくさん転がってるの。こんな素敵な一日ってなかなかないわよね。

普段あまり見かけない花もたくさん咲いていました。
f:id:miraluna:20190923112258j:plain

☆ 石を割ると......。
f:id:miraluna:20190923112314j:plain
カタリは石用のハンマーとかゴーグルとか楔を持ってきていたから、時々道端の石を割ってみました。割ってみると小さな石英鉱脈の結晶があったり、その中にマンガン重石が見られたり、小さな黄鉄鉱が結晶していたりと興味をそそられるものがいっぱい。
なんだか物語の中の世界みたい。

☆ 大きな切り株
f:id:miraluna:20190923112243j:plain

ちょっと夢見心地になりながら居心地の良さそうな空き地でお昼ご飯にしました。外で食べるご飯はおいしい。少し涼しくなって、虫の鳴き声に秋の始まりを感じます。素敵な時間。

お昼を食べて再びハイキングを満喫しながら進んでいくと、右手に沢のある林業用の道に出ました。道は少し行ったところで折り返して、山の上へと上がっています。林業の方が使っているのでしょう。その反対側、北の林の奥にズリ山を見つけたので、私たちはそこへ行ってみました。
☆ 石捨て場のズリ
f:id:miraluna:20190923112455j:plain
☆ タングステンのもとになるマンガン重石が層になっているのかな
f:id:miraluna:20190923112422j:plain
☆ ざくろ石のような形の結晶がいくつも見られました
f:id:miraluna:20190923112438j:plain

ここでおやつタイム
f:id:miraluna:20190923112406j:plain
石を見ながらの石見団子💛

☆ 陽が少し傾き始めました。
f:id:miraluna:20190923112344j:plain

ここ高取山までは車で遠いので、あまり遅くまでいるわけにはいきません。まだ林道の西のほうだけしか歩いていないけれど、この辺りで引き返すことにしました。

☆ ズリのある枯沢
f:id:miraluna:20190923112332j:plain
でもまっすぐに帰るわけではありません。
来る途中に南側に見えた枯沢へと足を延ばします。この枯沢にはたくさんのズリがあって、鉱石採集に来る人たちが多く集まるところだそうです。奥まで行くと坑道入口があるらしいんだけれど、このときはそこまで行きませんでした。ここでいくつかの水晶やマンガン重石を見つけました。

林道に戻り、さらにもう一か所寄り道をします。
高取鉱山の北側にある大きなズリです。
☆ 大きなズリのふもと
f:id:miraluna:20190923112509j:plain
ここが一番有名なズリなんじゃないかしら。ふもとに円形に囲まれた立ち入り禁止の場所があります。ここはかつての縦穴跡なんですって。この下には坑道が続いているということね。
ズリはちょっとした山になっていて、上まで上がるのも楽じゃないくらい。それがみんな鉱山から採掘された石なんだから、たとえ捨てられたものだとしてもなんだか宝の山みたいじゃない?
ここでもいくつかの透明な石を拾いました。たぶん水晶かな。

ルート俯瞰図GPSロガーの軌跡

☆ ルート俯瞰
f:id:miraluna:20190923085314j:plain
歩いた地点は黄色く囲んだ鉱石採集ルートの西の端のほうだけ。

☆ GPSのログ
f:id:miraluna:20190923085331j:plain
これが実際に歩いたルート。
仏国寺駐車場までは車。高取山山頂へはカタリだけがGPSを持っていきました。最奥の黄緑色のところが林業用の道で、その北側がズリ。途中、南側へ入っている水色のところが枯沢。その少し西には大きなズリがあるんだけど、そのときGPSを持っていたミラはズリ山を登らなかったのでふもとまでの記録だけ。
このGPSの記録はミラが手作りしたGPSロガーを使って記録しました。
電子工作や手作りGPSに興味のある方はこちらからどうぞ→ ☆GPSロガーの作り方

採集した鉱石たち

透明度の高い水晶>*トパーズもある?*
f:id:miraluna:20190923085335j:plain
f:id:miraluna:20190923085351j:plain
f:id:miraluna:20190923085409j:plain

石英の鉱脈>*パイライトも見える*
f:id:miraluna:20190923085505j:plain
f:id:miraluna:20190923085452j:plain

マンガン重石>*錫石もあるかな?*
f:id:miraluna:20190923085300j:plain
f:id:miraluna:20190923085246j:plain
f:id:miraluna:20190923085233j:plain

結晶の形がしっかり出ている石英
f:id:miraluna:20190923085436j:plain
f:id:miraluna:20190923085422j:plain

<割れ目の黄鉄鉱など>*割れ目には小さな結晶がたくさんある*
f:id:miraluna:20190923085205j:plain
f:id:miraluna:20190923085219j:plain

孔雀石じゃないかな>*黒っぽいのは黄鉄鉱

f:id:miraluna:20190923085319j:plain

アヴェンチュリンといえるかな>*石英雲母があるもの*

f:id:miraluna:20190923085150j:plain

他にも採集したものはあるんだけれど、種類としてはこんなところです。結晶しているものや透明度の高いものはやっぱりうれしい。いつかはっきりとした蛍石やトパーズを見つけてみたいな。

高取山へのトレジャーハンティングは天気も良かったしハイキングも楽しめて愉快な一日になりました。
ちょっと遠いけれど帰りは寝ちゃったから起きたときには家に着いていた。運転してくれたカタリもつきあってくれたミラもありがとう。また行きたいな。

miraluna.hatenablog.com

  別の日にまた行きました。「💎トレジャーハント ピクニック🎒」